あの「ジョーカー・ゲーム」の作者・柳広治のユーモアミステリーである。

ロンドンに留学中の夏目漱石が心神喪失となり、なぜか自分をシャーロック・ホームズと思いこむ。知り合いの計らいで、ベーカー街のワトスン博士と共同生活が始まる。そこに有名な霊媒師の殺人事件が発生し、ナツメ氏がさっそく解決に奔走するが・・・。

う~ん、あの柳広治が書いたミステリーだから、かなり期待していたのだが・・・。ま~期待以上というほどではなかったな。しかし、ミステリー度というか謎解きのレベルは、さすが高い。しかもホームズが活躍する当時のロンドンを、ディティールまで書き込み非常に雰囲気が出ているのだ。灰色の霧に沈むロンドン街の中に、あたかもさ迷いだしたような気にさせる。この描写力は素晴らしい。

文明批評もまた、舌鋒鋭い。当時の英国の植民地政策、徹底した人種差別意識などをナツメの目線から語らせ、ワトスン博士の自意識に揺さぶりをかける。そして、犯人を追いつめる動機そのものや、ラストの台詞などを、その象徴としているのだ。

ま~それにしても、なぜ文豪・夏目漱石がシャーロック・ホームズなのか?今までにも多数のホームズ・パロディが出ていたが、その中でもかなり出来の良いほうであることは確かなのだがな~。ナツメである必然性がよくわからんかった。もちろん、当時の大英帝国を極東の島国である日本と比較することで、文明批評をしたかったのは理解できるのだが。その当時、官費で英国に留学できるような人材は、夏目漱石しかいなかったのだろうな。

そういえば、モーリス・ルブランも、アルセーヌ・ルパンの物語の中に、当時のヒーローであるホームズを登場させていたが、この「シャーロック・ホームズの災難」でのホームズ像では、ドイルでも怒るだろう。我が輩も気に入らなかった覚えがある。

この「吾輩はシャーロック・ホームズである」では、ワトスン博士、レストレード警部、ハドスンさん、シャーロキアンには馴染みのメンバーが、もちろん勢ぞろいしている。その万全の舞台の中で、ナツメの鋭い推理は空回りし、結局のところ自転車乗りの練習に励んでしまうのだ。
ユーモアとペーソス、そして日本人の自虐的性格を表現した、怪作なのであった。