「ジョーカー・ゲーム」で有名になった柳広司の、終戦直後の東京を舞台にした長編ミステリー。

戦時中に行方不明になった、友人の消息を調査している私立探偵のフェアフィールド。東京裁判を審議中の巣鴨プリズンで、捕虜虐殺の容疑で拘留されている、異様に頭脳明晰な貴島と出会った。プリズン内で起きる密室連続殺人の謎を追うと、戦争の暗部が浮き彫りになってくるのだった。

柳広司がお得意の安楽椅子探偵は、今回は独房に閉じこめられた囚人だ。戦時中に捕虜収容所の所長を勤めていた男・貴島は、鋭い観察眼とナイフのような切れ味の頭脳により、ニュージーランド人探偵との会話だけで、謎を解いていく。

この長編の特異なところは、終戦直後の混乱期に外国人の視点から描いたミステリーであることだ。現代の日本人ですら既に理解できない、軍国主義時代の軍人の精神構造、天皇の戦争責任、戦争犯罪について、当時の日本人を理解できなかった外国人の視点を借りて描いているのだ。だから、ここで語られる様々な議論や考え方は、非常に分かりやすい。論理的(ロジカル)なのだ。

もともとミステリーは、その設定が連続殺人やら密室殺人やらで、非常識な話だとしても、解決方法はロジカルだ。でないと読者が納得しないからだ。特に、この柳広司という作家は、探偵手法が安楽椅子タイプなので、さらにその傾向が強い。このため登場人物の思考も、ロジカルシンキングが多く、説明調だ。もっともバランスを保つためか、幻想的なシーンも多用するのだが。

とにかく、この小説で語られる戦時中の話は、まるで異界のようだ。現代を生きる大半の日本人は、太平洋戦争を知識として知っていたとしても、実感としては既に理解できないだろう。少なくとも我が輩はそうだ。だから、柳広司は外国人の視点を持ち出し、戦時中の悪夢としか思えないような話を、語り聞かせようとしたのではないだろうか。

形式的には、緻密に練りあげられた連続密室殺人ミステリーなのだが、内容的には戦時中の日本人の、グロテスクな暗部をえぐり出す、優れて硬派の小説なのであった。