なかなかの名作「月の扉」の著者が放つ、『感動のミステリー』というのがうたい文句。三年前、不慮の死を遂げた片山の命日に事件は起きた。首都圏の人気スポット『羽田国際環境水族館』に届いた一通の脅迫メール。
やがて、展示生物を狙った攻撃が始まった。姿なき犯人の意図はどこか。自衛策を講じる職員たちの努力を嘲笑うかのように、殺人事件が起きる。すべての謎が解き明かされたとき、意外な結末が待っていた・・・
粗筋はこんなものだが、水族館という舞台が良い。巨大な水族館の舞台裏が見えるだけでも楽しいのである。ミステリーの割には、「月の扉」と同じく探偵も警察も出てこないが、きっちりと謎解きもあるので、ミステリーとしても満足感はある。しかしだ、この小説の真骨頂は最初に死んでしまった『館員の夢』にある。この夢を実現するのだ、という想いがあるからこそかなり無茶な結末も、強引に納得させてしまう力があるのだろう。
ある意味ファンタジックなストーリーなのだが、なかなか感動させてくれる話なのである。登場人物の大半が、自分の仕事に対して、こんなにも真摯な態度で臨んできるからこそ、納得できるのだ。この結末には様々な批判があるようだが、この水族館の構想自体は夢があり素敵なアイデアだ。この世界では普通のアイデアなのかオリジナリティがあるのかは不明なのだが、このような構想が核にあるからこそ、読者に感動を与えることができたのだから、素晴らしいアイデアといえる。普通のミステリーに飽きたり無い人に贈るチョット変わったミステリーなのだ。