「このミス2004年第1位」「日本推理作家協会賞受賞」「本格ミステリ大賞受賞」「2004本格ミステリベスト10」 2004年のミステリィ関連の賞を総なめにしたミステリィが、早くも文庫に登場!ということなので、さっそく読んでみた。しかし!なのである。ま~どんなに甘くしても、これをミステリィと言いたくはない。最後に大ドンデン返しが用意されているのだが、ラストにオチがあればミステリィなのか?と、言いたくなるお話であった。
題名や作家名に騙されてはいけない。霊感商法をめぐる悪質な詐欺の被害者を助けるため、自称探偵のドタバタ活劇がメインで、ストーリーはいたってケーハクで後味も悪い。ラストの種明かしを期待していたので、やっと最後まで読めたというレベル。なんでミステリィの専門家達はこんな作品を推奨するのか理解できなかった。
確かに今までのミステリィにも、読者の思い込みを利用したトリックは少なからずある。例えば、犯人は当然男性だと思わせておいて、実は女性だった!というもの。また、今起きたばかりの事件だと思わせて、実は過去の事件だった、とか・・・。ま~様々な作品があるが、密室トリックほどのバリエーションは無く、ありとあらゆるトリックが創られてしまったミステリィ界においては、比較的近年の作品に多い。
とりあえず、前例が無いトリックを創造したことはえらいのだが、逆に言えばあまりにも非現実的というか、くだらないアイデアなので誰も作品にしなかっただけなのかもしれない。最後の方は無理やりこじつけ気味だし、文庫なのに解説が無く、代わりに言い訳気味のデータを並べているのも違和感がある。あくまでこの作品は、ミステリィのベスト1として真剣に読むのではなく、ユニークなジョーダン系ミステリィとして読むべきなのである。