今最も旬な作家である伊坂幸太郎の問題作。妻を殺された元教師「鈴木」が、その犯人に復讐しようと目論んだが、目の前で「押し屋」に殺されてしまう。その「押し屋」の正体を探るため後を追うが、「押し屋」探しの騒動に巻き込まれてしまうのだ。一方で、自殺専門の殺し屋「鯨」や、ナイフ使いの殺し屋「蝉」まで、その騒動に加わり、ますます大きな騒ぎになっていく、いわば「殺し屋小説」なのである。
「鈴木」「鯨」「蝉」の三者の視点で語られる物語は、ハードボイルドというより暗く重い「暗黒物語」の雰囲気を醸し出す。いつもの伊坂幸太郎らしい「軽さ」も少なく、絶望感が漂い、最後は都合よく大団円となるが読後感はあまり良くなかった、というのが正直な感想。ミステリーとして読むと、なかなか凝った構成とテンポの良い展開で一気に読ませるが、意外なラストでもスッキリ感はあまりない。ま~好みの問題なのだろうが・・・。