『無限連鎖』『マリアプロジェクト』と、傑作サスペンスアクション巨編を書いている楡周平の作品。彼にしては比較的地味な作品であった。オビに傑作コン・ゲームとかあったのだが、う~むである。
うだつのあがらない高級クラブの新米ボーイが主人公。安月給でこき使われていたが、美人ママから妙な仕事を依頼されたことで、運命の歯車が回りだす。それは店の高級ワインを安物とすり替えて、利ざやを稼ぐこと。ところが、大金をせしめるはずが借金を背負うことになってしまい、一発大逆転を狙うが・・・。
少なくともこれではコン・ゲームでも頭脳ゲームでもない。かと言って、サスペンスでもミステリィでもない。ましてや、冒険活劇などではない。無理に分類分けする必要も無いのだろうが、犯罪小説の一種なのだろう。特に悪漢が出てくるわけでもないのだが。それでも決して退屈な話などではなく、読みやすく軽快にストーリーは展開していく。銀座の高級クラブのママの内情や、競輪の仕組みなどの詳しい情報もあるので、情報小説としてもそれなりに楽しめた。最後の大芝居も意外性があり、読後感も爽やか。サスペンスの巨匠『楡周平』にしては軽いが、お手軽に読める小説であった。