不思議な感覚のお話なのだ。今を時めく直木賞作家・桜庭一樹の、少女をめぐる3つのお話である。
魔女狩りの嵐が吹き荒れる1627年のドイツ。祖母と静かに暮らす10歳の少女マリーにまで、魔女狩りの追っ手が迫ってきた。天から降ってきた黄色い人と共に、絶望的な逃避行が始まる・・・。2022年のシンガポール。3DCGのアーティストである青年は、自ら創造したゴシック世界のCGの中で、不思議な少女と出会うが・・・。2007年鹿児島。ケータイ命の女子高生は、突然桜島の大噴火に巻き込まれ、吹き飛ばされてしまうが・・・。
第1話の魔女狩りのお話がなかなかリアルで不気味で良くできている。子供がいきなり大人になってしまう中世の世界。少女という概念がまだ無い時代。第2話の近未来になると、逆にジェンダー間の差が無くなり、オタクから発展したモラトリアムな青年が、文化の中心になる時代。第3話の現代では、少女達の商品価値は異常に高く、ケータイやファッション文化のリーダー的存在になっている。こう書くと何かテツガク系に思われそうだが、まったく異なり、少女としての感性で成り立っているようなファンタジーなのだ。かつて少女であった桜庭一樹の、時代感覚なのであろう。ケータイとでしか世界と繋がることができない、少女という生物。世界というシステムを、感覚だけを頼りに生きている、現代の少女に対するアンチテーゼな寓話に読めてしまったのだ。