相変わらず不思議な感覚を持つ作家だ、伊坂幸太郎とは・・・。『重力ピエロ』、「アヒルと鴨のコインロッカー』、『チルドレン』・・・、スタイリッシュでセンスの良い会話が身上の作家だが、今回のテーマは重い。この作品には、兄の視点で書かれた「魔王」と、その5年後を今度は弟の視点で描いた「呼吸」の2編が入っているが、主役は『ファシズム』なのだ。
「魔王」会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。安藤は、自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がつく。そこで、大衆に熱狂的に受け入れ始めていた野党党首に、近づき始めたのだが・・。
「呼吸」その五年後、反米に傾斜していく日本で、静かに暮らしている潤也も、ある特殊な能力を持っていることに気が付き、やがて・・。
う~む、法学部出身の伊坂だからか、政治的要素がかなり濃いお話であることは確か。ファシズムの胎動が聞こえてくる中で、大衆に流されずに考えることが得意な兄は、ささやかな抵抗を試みる。逆に直感に優れた弟も、自分が得た力を社会に向けて行使していく。この作品が発表されたのは、ちょうど小泉首相が登場する直前なのだ。作家は、その時代の雰囲気を敏感に感じ、危険な香りを嗅ぎ取り、作品に投影する。幸いかどうかは分からないが、小泉首相の後は、カリスマとは無縁の日和見大衆迎合型の首相になったため、『魔王』のようには進みそうも無いと思うが。
しかし何と言うか、いつもの伊坂幸太郎の作品よりフットワークは重く、軽快に読めるわけではない。唐突な終わり方といい、突きつけられた問題の重さもあり、万人にお薦めできる作品ではなかったのだ。