ご存知池袋ウエストゲートパーク(IWGP)の六作目なのだ。石田衣良のデビュー作であり、かつ人気シリーズなのだが、既に6冊を超えてしまった。それにもかかわらず、今までに読んだIWGPの中でも傑作の部類に入るお気に入りの短編集なのだ。
盗撮画像を売りさばく小学生が、不良に脅されマコトに助けを求めてきた。その解決方法とは?「灰色のピーターパン」。自分の兄の足を壊した男の足を、同じように壊してくれという妹の依頼に、マコトはどう対応したか?「野獣とリユニオン」。ロリコン犯罪を疑われた知的障害者を、マコトはどうやって救ったのか?「駅前無許可ガーデン」。池袋の犯罪を徹底的に壊滅しようとする副知事に、実は裏の事情があることを嗅ぎつけたマコトのとった行動とは?「池袋フェニックス計画」。
白黒をはっきりと付けたがる現代人に、グレーだが皆が納得できる解決方法もあるのだ、というマコト。相変わらずトラブルを素晴らしくスマートに解決してくれるところが嬉しい。マンネリだと言う批判も何のそのと、1作1作が非常に完成度の高い作品だと我輩は思う。最新の風俗を貪欲に取り入れ、現代社会の闇ともいえる箇所をえぐり出し、八方丸く治めるシリーズは、現代の水戸黄門なのだ。今回はあまりグロいシーンも無く、「Gボーイズ」のキングも、ヤクザのサルもキチンと活躍する万人にお薦めの現代人情話なのだ。