この大ベストセラー『野ブタ。』は、今という時代を活写する、ほろ苦い学園青春小説なのだ。この作品で「文藝賞」という新人作家の登竜門を受賞した作者の白岩玄は、当時専門学校生で若干21歳。だからというわけでもないが、現代高校生の生態をテンポよく、軽快に描いてみせてくれる。
クラスの人気者の修二は、家族の前でも級友の前でも「素晴らしい高校生」を演じていた。毎朝起きると、修二の「着ぐるみショー」を始めます、というスタンスなのだ。ある日イジメられっ子の転校生の信太が修二に弟子入りを志願してきた。修二は信太をクラスの人気者にすべく、プロデュースを始めたのだが・・・。
高校生の「俺」が、ほとんど一人語りで進むお話は、軽快で軽薄にギャグを満載し、快調にすっ飛んでいく。前半までだが。今時の高校生の生態を良く知るという意味では、絶好のお話なのだが、後半になるとこれが暗転する。『野ブタ。』のTVドラマもタマタマ観ていたのだが、あまりにも異なる展開にビックリした。ま~TVドラマの方は、小説から設定だけ借り、アイドルタレントを出演させているのでハッピーエンドしないわけにもいかなかったのだろう。
逆にこのような展開だからこそ、まっとうなインパクトのある小説として成り立っているのだ。自分を演じるという『仮面性』は古典的なテーマだが、政治でも犯罪でも何でも『劇場化』してしまう現代だからこそ、現代的テーマなのだとも言える。ましてや学校生活を『プロデュース』するという発想は、いかにも今風だ。それにしても、このラストシーンは賛否が分かれるはず。いったい現役の高校生がこれを読むと、どう感じるのだろう。逃げたとのか、新たに立ち向かったのか、それとも世代によって意見が分かれるのだろうか?