とにかく笑えて楽しめるスタンダードなスポーツ青春小説なのだ。やる気の無さだけでは天下一品の弱小高校野球部が舞台。校則がやたら厳しい高校の野球部員達の楽しみは、唯一「おニャン子クラブ」だけだった。そんな野球部に強豪校の豪腕ピッチャーが転校で入部し、さらにお嬢様学校の美人マネージャーまで入ってきたため、部員の目の色が変わった。突然練習に励むようになり、初めて試合に勝てるようにまでなったのだが・・・。
なかなか痛快で読後感も爽やかな、万人にお薦めできる青春小説だ。ストーリーそのものは、野球マンガにでもよくありがちな展開なのだが、ま~先が読めても、とにかく面白い。努力さえすれば勝てる、みないな単純なスポ根でもないところが良い。あさのあつこの『バッテリー』みないな深刻さはないし、白岩玄の『野ブタ。をプロデュース』のような後味の悪さもない。かといって、お馬鹿な高校生活だけを描いているわけではなく、ラストはなかなか感動的でさえある。い~話なのだ。
それにしても、この五十嵐貴久という作家は、謎だ。『安政五年の大脱走』という江戸時代の活劇を書いていたので知っていたのだが、まったく異なる作風のお話も書いていたとは驚きだ。デビュー作がホラー作品だというのだから、なかなか多才なのであろう。何はともあれ、中高生にも安心してお薦めできる青春野球小説なのだ。