第135回直木賞受賞作。読み始めた最初は、これが直木賞を受賞するほどの話か?と思ったのだが、読み進めるうちに味わい深さがじんわりと出てくる、スルメのような連作集。
「まほろ市」という東京はずれにある町の駅前で、しがない便利屋を営む中年の多田。そこに高校時代の同級生・行天がころがりこんできた。ペットの一時預かりや子供の塾の送迎、納屋の整理なのだが、何故かみなキナ臭い話ばかり。迷惑キャラの行天が加わることで、事態はいよいよ混乱するばかりだった。
明らかに町田としか思えない駅前で、便利屋なのに半端な正義感のせいで、私立探偵みないにヤクザと対立してばかりいる多田。幼少時代に受けたトラウマでかなり変わった性格の行天。共に離婚暦のある二人は、それぞれ心に傷を抱えているが、性格はまるで反対。複雑な事情を抱え込んだ独身中年男の二人が、人生の悲哀を内に秘めながらも何とか生きている姿が切ないのだ。狭い町での日常のちょっとしたトラブルを描いただけのお話なのだが、人の心情を人生を良く描きこんでいるので、派手ではないが哀切ある味わい深い連作短編集になっている。直木賞らしい分かりやすいエンターテイメントではないが、玄人好みのする渋い作品であった。