いかにも恩田陸らしい佳品。我が輩が、恩田陸に期待しているとおりの、ミステリアスで優しくてちょっと残酷。だけど、どこか懐かしさを感じさせてくれる。そんな、素敵で美しい永遠の少女達を封じ込めた、物語なのだ。
高校の美術部に所属する鞠子は、あこがれの上級生の二人から、「夏合宿」に誘われた。夏の終わりの演劇祭に向けて、舞台背景画を描くためだ。その「船着き場のある家」で鞠子を待ち受けていたのは、遠い夏の日に封印したはずの秘密だった。
いや~いいですな~。さすが女性の作家ならではの、丁寧な描写の積み重ねによって、少女たちの揺れ動く感情、誇りと嫉妬、憧れと恐れが浮き彫りになる。ミステリアスなストーリーと、ショッキングな出来事が読者をグイグイと引き付けるが、そんなストーリーや残酷な結末なども本作ではオマケにしかすぎない。この小説を読む醍醐味は楽しみは、この小説の中に閉じ込められた、永遠の少女たちの、繊細でキラキラと耀く青春そのものなのだ。ノスタルジックで美しい夏の一コマを、物語のなかに奇跡的に閉じ込めることができた、夢のようなお話なのである。恩田陸を堪能できる、お薦めのミステリィである。