久しぶりの森博嗣なのだ。しかもS&Mシリーズの主役が活躍する短編集ということで、確認もしないで買ってしまった。う~む、なんだ焼き直しか。同じ講談社文庫に、既に収録されている短編を、いくつか集めて別の短編集として再出版するとは・・・。既に絶版しているような古い作家とか、別な出版社から出るとかなら、ま~理解できるのだが、まだまだ店頭に並んでいる短編集からピックアップして、別の装丁で再出版するようなことを、まさか講談社がするとは思わなかった。ダマされた感がある。全部読んでいたわけでも無いので、ま~いいか。
ところで肝心の中身の方だが、さすが上手いね。あらためてキャラ持つ魅力と会話の面白さに脱帽してしまった。5・6年前に読んだはずの短編でもその新鮮さには変わりはない。トリックそのものには新規性があるわけではないのだが、やはり登場人物達の魅力で読ませてしまう。