1995年に吉川英治文学新人賞を受賞した、浅田次郎の記念すべき作品である。新人賞だが、「プリズンホテル」などのピカレスクものを既に出しており、さらには名作「日輪の遺産」を出版した後でもある。
立身出世した著名な大企業の社長を父に持つXXは、横暴な父の元から飛び出し、地下鉄に乗って終日都内で営業をしていた。兄の命日の晩、地下鉄の出口から出ると、昔懐かしい風景が広がっていた。そこは、かつて兄が飛び込み自殺する直前の駅だった。
デビュー直後は極道ものばかり書いていた浅田だが、その後は「泣かせの浅田」と言われる程、懐古趣味の小説を書いている。この「メトロに乗って」も、珍しくタイムスリップのようなSF的手法を使い、現代と過去を行き来し、大正時代から戦中、戦後を描き出している。浅田の得意とする大正から昭和初期にかけては、モボ・モガが颯爽と闊歩する銀座であり、さすがに上手い。
お話は、横暴な父を憎み、その元から離れた男が、意外な過去の姿の父を知り、そしてあまりに波瀾万丈の生涯を過ごしてきた事を知ることで、己の運命まで変わってしまう。