これは傑作だ。今までも大ベストセラーである「チームバチスタの栄光」など、素晴らしいミステリィを上梓してきた海堂尊だが、この小説は、これまで読んだ海堂小説の中でも、最高の部類に入る小説なのだ。
桜宮病院の救命救急センターに君臨する将軍・速水は、その天才的手腕で24時間稼働する緊急医療の最前線を統率してきた。ところが、その速水に対して収賄疑惑があるとの内部告発があった。病院長に内偵を命じられた田口医師は、慣れない調査を始めたのだが・・・。
いつもの病院を舞台に、おなじみのメンバーが登場するのだが、今回はミステリィ仕立てではない。真正面から、緊急医療の最前線に立つ医師たちの苦悩を描いているのだ。現役医師である海堂は、今までも医療に関わる様々な問題点を描いてきたが、小説自体はミステリィが中心で、これらの医療問題は背景説明になっていた。しかし今回は、告発者が誰かという謎そのものが、緊急医療における問題点の根幹と連動している点で従来の小説とは一線を画している。
確かに産婦人科、小児科、救急対応などの社会的インフラともいえる病院業務は、経済合理性で測れるものではないだろう。警察や消防署に独立採算を強いるようなものだ。まじめに地域医療に努める病院であるほど、赤字に苦しむ実体は、よく報道されている。海堂尊は、その実体を熟知しているので、このような告発本とでも言える小説を上梓したのだろう。