凄い小説としか言えない。最近読んだ本の中では、ベストの本なのだ。これがデビュー作という、とんでもない作家の登場である。

「妻との約束を守るために絶対に死ねない」と言い続けた零戦パイロットが、終戦直前に特攻で死んだ。終戦から60年経った夏、健太郎はジャーナリストの姉と共に、死んだ祖父・宮部久蔵の生涯を調べていた。老いた戦友たちの証言により、次第に浮かび上がっていく天才パイロット久蔵の姿。最後の最後まで生き抜こうとした久蔵が、なぜ特攻に出撃したのか。最後に判る真実の理由とは・・・。

この本を読むと、その衝撃に胸を撃たれる。小説とはこんなにも素晴らしい感動を与えてくれるものだ、ということを。悲惨な太平戦争の実状を、戦友たちの証言で綴るのだが、読後感は清々しい。受け入れがたい圧倒的な現実の前で、こんなにも人間は正々堂々と振る舞ってきたのかと。

零戦や太平洋戦争を描いた本は多数あるが、私はあまり読んだことはない。最近読んだ小説で戦争を描いたものだと、せいぜい福井晴敏「終戦のローレライ」、浅田次郎「日輪の遺産]ぐらいか。両作とも素晴らしい小説だったが、この「永遠のゼロ」の感動はさらに深い。
まず語り口が上手い。宮部を直接描くのではなく、戦友たちの証言だけで宮部の人物像を浮かび上げる。その証言の聞き手が、司法試験に落ちまくり、ニート状態の宮部の孫だ。祖父が特攻で散った同じ年齢の若者という対比が、悲劇性を際立てる。

また、この宮部の人物造形が素晴らしい。最初は卑怯者・臆病者という評判だったが、実は誠実で慎重な天才パイロットだったことが判明してくる。それどころか、最後まで妻との約束を守ろうと、必死に生き抜いてきた歴戦の勇士だったのだ。

それにしても、零戦パイロット達から見た太平洋戦争は、実にリアルに迫ってくる。浅田次郎も福井晴敏も、この作者・百田尚樹も戦後生まれなので、実体験どころか戦争の記憶すらあるはずもない。記録を調べれば、事実関係は判明するだろうが、当事者の「想い」は想像力だけが頼りのはずだ。しかし、赤紙一枚で戦地に追いやられた兵隊達の「想い」が、戦後生まれの作家に想像できるのだろうか?

この「永遠のゼロ」の中で、若い新聞記者が、特攻隊の行動と、中東で起きている自爆テロリストの類似性を指摘して、元特攻隊員に罵倒されるシーンがある。確かに戦後生まれの我々は、爆弾を抱えて戦艦に突っ込んでいく特攻隊を理解できていない。「天皇を神と崇めた狂信者」と安易に解釈してしまうと、それこそテロリストと同類になってしまう。そうではない。特攻隊を志願した若者達は、国を守るためなどでなく、愛する家族を守るため、やむを得ず死んでいったのだ、というのがこの小説の一貫したテーマだ。それが感動の源泉なのだろう。

このように解釈すると、戦後の復員軍人たちの扱いや、靖国神社問題も見え方が変わってくる。戦争を煽った大新聞の姿勢の在り方やその影響力への責任、軍司令部の無責任さ、等への厳しい批判もあり、作者・百田尚樹の見識の広さ公正さも素晴らしい。

この「永遠のゼロ」は、単なるお涙頂戴の作品ではない。重いテーマを感動的に、かつサスペンスフルに描いた、第一級の戦争巨編なのである。これはもう、現代人の必読書なのだ。