石田衣良の直木賞作品「4TEEN」の続編、ではない。独立した大人の連作短編集である。

40歳になった喜一は、大手広告代理店を飛び出したが、結局小さな事務所で、何でも屋のようなプロデュース業始めた。それが、投げやりに始めた40歳向けの地味なブログ経由で、40代の依頼人が舞い込んできた。人助けのような仕事をこなすうちに、次第に人の輪が育ち、やがて大きな仕事が舞い込んでくるのだった・・・。

石田衣良お得意の連作短編。しかし主人公は若者ではなく、珍しく中年男性だ。しかもキーワードが40歳という年齢。人生のいいほうの半分が過ぎてしまった、と思い始める世代に向けて、同世代となった石田衣良が、まだ人生の半分も残っているんだよ、とエールを贈る。
なんだか人生に疲れきっているような40歳男が主人公。人気のIWGPシリーズ・マコトのような元気な若者ではないが、どこか誠実さや甘さを残しており、結局その誠実さが彼を救う。

しかしだね、40歳などはとっくに過ぎ去った我が輩などは、40歳になったからどーのこーのという感慨はなかったな。あっても忘れたのだから大したものでもないか。40歳代は、カタギのサラリーマンなら最も忙しい時期のはず。ま~昔は今のようにリストラに怯える必要もなく、山のようにある仕事をこなすだけで精一杯だった。子供もまだ幼く手が掛かり、あまり感慨に耽るヒマなぞなかったと思うのだが・・・。

この小説に登場する依頼人たちは、凋落した元IT企業の社長、大手銀行マン、引きこもり男、オタクのフリーター、肺ガン患者。人生の勝者は疲れきり、敗者は生きること自体が困難な中年男たちだ。喜一は、金にならないような依頼を、いやいやでもこなすうちに、人生にとって本当に大事なものに気がつく。稼ぐことに汲々とせず、仲間と楽しめるようになった時、その大事なものは既に手に入れていたのだ。
なかなか深い余韻を残す小説なのだ。中年なら、それこそ身につまされる話ばかりだろう。大人向けの小説。

蛇足だが、この文庫にある解説は、それこそ蛇足だ。無いよりはまし、というレベル。小説の粗筋を紹介するだけ、という最近にしては珍しい解説だった。ま~本を買う前に解説を読む人向け、なのだろうが、もうちょっとハットするような新鮮な見解を見せて欲しかったな。逆に言うと、この「フォーティ」は、だれにでも共感でき、大人なら分かりやすい小説なのだろう。