「探偵ガリレオ」の続編である。膨大なミステリーを書き続けている東野圭吾の、初期の頃の作品なのだ。
16歳の女子高生の部屋に忍び込んだ男が、取り押さえられた。しかし17年前から少女と結ばれる夢を見ていると言い張り、小学校の頃に書いた作文が証拠だと言う。予知夢の謎に天才科学者・湯川がのりだした・・・。
その他、幽霊騒ぎ、ポルターガイスト騒動など、不思議でオカルト的な事件を、湯川がロジカルに解き明かしてゆく。

我が輩は、ミステリー好きの割には、この人気作家の本は、あまり読んでいない。今までで、せいぜい4~5冊程度だ。理由は、気に入った作品となかなか出会えないからだ。なので、ここの日記ではまったく紹介していないのだ。
それでもデビュー作「放課後」は、割と気に入っていた。その後「探偵ガリレオ」を読んだのだが、今一つだったので、止めてしまったのだ。

この「予知夢」は、「探偵ガリレオ」の続編なのだが、パズラーとしての東野圭吾の実力を、遺憾なく発揮しているとは思う。だが、せっかく魅力的な「謎」なのに、短編のせいもあるのだが、残念ながらストーリーが素っ気ない。個性的な探偵が多いミステリー界で、このガリレオのキャラは、比較的没個性的。ドラマも盛り上げが少なく、最後にあっさりとロジカルに解決しておしまいなのが多い。

ま~ここらは好みの問題なのだろうな。大ベストセラーを連発している作家なのだから、このスタイルが好きな人の方が遙かに多いのだろう。
しかし我が輩の好みは、せっかく素敵な謎を創ったのなら、もっとおどろおどろしく、ケレン味たっぷりのストーリーが好きなのだ。やはり、クイーンよりディクスンカー。松本清張より横溝正史。これでは古いか・・・。じゃ~東野圭吾より、京極夏彦か。否、京極はパズラーではないのでチョッと違うか。

摩訶不思議な謎なのだが、実は合理的な理由があった、というのはもちろん大好きだ。がしかし、それだけではいけない。物語の背景やら登場人物のキャラも、怪しげでないと魅力を感じないのだ。
これも中学生のころ、ディクスンカーにハマっていた後遺症なのかもしれないな。だからといって、東野圭吾の書いた「名探偵の掟」という、とんでもキャラの探偵ものも、受け付けなかった。一世風靡したベストセラー「容疑者Xの献身」も、途中でトリックに気がついてしまったため、それほど楽しめなかったのだ。

なんだかんだと、どうも我が輩とこの作家の相性が悪いようなので、またしばらくは読まなくなりそう。どなたかか、絶対お勧めの東野圭吾作品を、教えてくれませんかね~。