そう、これこそが、まさに疾走する青春小説だ。箱根駅伝を舞台にした、陸上部の物語なのだ。直木賞を受賞した三浦しをんが、直球勝負で挑んだスポーツ小説なのである。

元陸上部の清瀬は、天才ランナー走(かける)と出会い、同じアパートの住人10名で、箱根駅伝を目指すことを決心した。清瀬の後押しで、個性的なメンバー達は長距離走の魅力に夢中になり、ハードなトレーニングをこなす。着実に力を付けてきた素人集団の大学生たちは、自分の可能性を信じ、己の限界に挑戦してゆく・・・。

今年は立て続けに★を連発しているが、別に他意はない。本当に面白いのだから仕方がない。スポーツ小説なら何でも良い、というつもりもまったくない。しかし、それでも、この大作には、ワクワク・ドキドキさせて一気読みさせる力強さがあるからだ。

この「風が強く吹いている」は、スポーツ小説の王道を行くストレートさだ。ストーリーは予想通りの展開で、期待通りに進んでいく。そして最後も、お約束のパターンとなる。だが期待以上に、力強く、着実に、ユーモアたっぷりに、描いているのだから面白くないわけがない。

箱根駅伝は、今となっては正月には欠かせない、ほとんど伝統行事のようなスポーツだが、駅伝そのものは決してメジャーではない。日本にしかない独特のスポーツだ。なので、その内情はそれほど知られているわけではなく、だから三浦はそのルールや競技を詳細に丁寧に書き込む。その練習方法、フォーム、ライバル関係、マスコミからの取材、等々。6年もの歳月をかけ、取材をし、三浦しをんは書きこんだそうだ。その執念を感じさせない自然で、リアルな描写。実に上手い。

駅伝選手=アパートの住人は、全部で10人もいるので、お話の2/3近くまで読み進んでも、主役二人以外のメンバーはそれほど書きこまれていなかった。こんなもんかと思っていたら、とんでもない。最後の駅伝でそれぞれが走る際に、一人20Km走っている時に、独白(モノローグ)が始まる。1Km3分弱、100m17秒というシロートならほとんど全力走レベルで、1時間以上走りながら、独白する。己の過去を、将来を、夢を、人間関係を、自問する。そして風のように疾走するのだ。夢を賭けて、己のすべてを賭けて、強くありたいと・・・。

青春小説の好きなところは、やはり希望があるところか。故障を抱え、このまま走り続けたら一生走れないかもしれなくとも、この一瞬のため、夢を叶えるため、走り続ける若者。若者には無限の未来があり、希望を見る力がある。そんな青春の夢を、この年になっても魅させてくれるお話が、やはり好きだ。
中高生、現役の若者にはもちろん、その昔に若者だった人にも、ぜひ読んでもらいたい物語なのだ。