機械学習と読書の世界
TickTackの本棚

エンタメ他

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」 ★★★☆☆

ご存じ2008年本屋大賞受賞のベストセラー。山本周五郎も受賞している、伊坂幸太郎のエンターテイメント巨編である …

京極夏彦「豆腐小僧双六道中 ふりだし」 

京極お得意の妖怪講座である。お馴染みの京極堂シリーズの中で、妖怪談義を何度も開陳しているので、それほど目新しい …

石田衣良「フォーティ翼ふたたび」 ★★★☆☆

石田衣良の直木賞作品「4TEEN」の続編、ではない。独立した大人の連作短編集である。 40歳になった喜一は、大 …

桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」 ★★★★☆

日本推理作家協会賞を、2007年に受賞した桜庭一樹の作品なのだ。ミステリーではない。「私の男」で直木賞を受賞し …

石田衣良「非正規レジスタンス」 ★★★★☆

大ロングセラーである、池袋ウエストゲートパーク・シリーズ(IWGP)の8作目である。おなじみのマコトが、いつも …

百田尚樹「ボックス!」 ★★★★★

文句無しに面白く、未だ興奮が止まらないスポーツ小説なのだ。しかも純な友情を描く感動の青春小説でもある。 勉強は …

百田尚樹「永遠のゼロ」 ★★★★★

凄い小説としか言えない。最近読んだ本の中では、ベストの本なのだ。これがデビュー作という、とんでもない作家の登場 …

森見登美彦「有頂天家族」 ★★★★☆

森見登美彦の傑作「狸ファンタジー」である。誰が何と言っても面白い。 京都に住む狸の名門・下鴨家の三男である矢三 …

リリー・フランキー「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★☆

ご存じ、2006年に「本屋大賞」を受賞した大ベストセラー。ほとんど母子家庭だった作者の、自叙伝的長編小説である …

万城目学「ザ・万歩計」 ★★★☆☆

またまた万城目学なのだ。今回は、マキメ初のエッセイ集である。新進作家の初のエッセイなので、出だしはほとんど思い …

万城目学「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 ★★★☆☆

かのこちゃんは、小学1年生になったばかりの元気な女の子。その両親と老犬・玄三郎が住むお家に、優雅なアカトラ猫が …

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」 ★★★☆☆

そう、僕が村上春樹を読み始たのは、三十年ほど前のことだった。本好きの知人が、まだあまり知られてないけど面白よ、 …

奥田英朗「家日和」 ★★★☆☆

怪作「空中ブランコ」で直木賞を受賞している奥田英朗の家族小説。柴田錬三郎賞を受賞した短編集なのだ。 ・ネットオ …

柴田哲孝「ダンサー」 ★★★☆☆

大藪春彦賞を受賞した傑作ミステリー「TENGU」の柴田哲孝が、お得意のUMA(謎の未確認動物)をテーマにした、 …

近藤史恵「サクリファイス」 ★★★★★

素晴らしい小説だ。爽やかで面白く、ミステリアスで感動的でさえある。2008年本屋大賞2位、大藪春彦賞受賞のスポ …

奥田英朗「最悪」 ★★☆☆☆

怪作「空中ブランコ」で直木賞を受賞した、奥田英朗・十年前のベストセラー犯罪小説。 不況のため、資金繰りや取引先 …

万城目学「鹿男あをによし」 ★★★☆☆

巷で評判になり、映画化もされた「鴨川ホルモー」の作者、万城目学(まきめまなぶ・何と本名なのだそうだ)の二作目で …

垣根涼介「借金取りの王子」 ★★★★☆

2010年NHKのTVドラマにもなった「君たちに明日はない」の続編である。この山本周五郎賞を受賞した作品は、リ …

畠中恵「まんまこと」 ★★★☆☆

「しゃばけ」シリーズで有名な、畑中恵の新シリーズ。今度もお江戸が舞台。神田の町を治める名主の跡取り息子・麻之助 …

夢枕獏「陰陽師・夜光杯ノ巻」 ★★★☆☆

超ロングセラー「陰陽師シリーズ」の第九作目・(文庫で)最新作である。初出が1988年なので、もう二十二年も読み …

« 1 2 3 5 »

面白い本を探している本好きの人にお薦めします

Amazonから紙の本でも発売中

ミステリィやエンターテイメント、恋愛小説に文芸小説など、確実に面白い本100冊を紹介するブックレビューです

検索

創元社「やさしく知りたい先端科学シリーズ」を書店で発売中

Amazonで「ディープラーニング入門書」を発売中

Amazonで「機械学習」の本を発売中

PAGETOP
Copyright © TickTack World All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.