機械学習と読書の世界
TickTackの本棚

ミステリー/サスペンス

東川篤哉「密室の鍵貸します」 ★★★☆☆

直木賞を受賞した東川篤哉のデビュー作である。ユーモアミステリーにおけるエースなのだそうだ。 烏賊川市(いかがわ …

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」 ★★★☆☆

ラノベ作家が書いたミステリー「栞子さんと奇妙な客人たち」のお話である。これが意外にも、素敵で面白い。古書にまつ …

石田衣良「ドラゴン・ティアーズ-竜涙」 ★★★☆☆

大人気作家・石田衣良のデビュー作であり代表作である「池袋ウエストゲートパーク・シリーズ(IWGP)」の第9作目 …

道尾秀介「カラスの親指」 ★★★☆☆

直木賞を受賞した若きホラー作家・道尾秀介の2009年の作品。日本推理作家協会賞を受賞したコンゲームである。 悲 …

柳広司「トーキョー・プリズン」 ★★★★☆

「ジョーカー・ゲーム」で有名になった柳広司の、終戦直後の東京を舞台にした長編ミステリー。 戦時中に行方不明にな …

柳広治「吾輩はシャーロック・ホームズである」 ★★★☆☆

あの「ジョーカー・ゲーム」の作者・柳広治のユーモアミステリーである。 ロンドンに留学中の夏目漱石が心神喪失とな …

柳広司「ジョーカー・ゲーム」 ★★★★☆

久しぶりに読んだスパイミステリーの傑作。2009年に吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞をダブル受賞した作品 …

角田光代「八日目の蝉」 ★★★★☆

読売新聞の夕刊に連載された話題のサスペンスである。直木賞作家・角田光代の、中央公論文芸賞・受賞作品でもある。も …

海堂尊「極北クレイマー」 ★★★☆☆

ご存じ、海堂尊のメディカル・エンターテイメントである。今回は、地域医療の崩壊と産婦人科医の非道な境遇を描いてい …

東野圭吾「予知夢」 ★★★☆☆

「探偵ガリレオ」の続編である。膨大なミステリーを書き続けている東野圭吾の、初期の頃の作品なのだ。 16歳の女子 …

恩田陸「木漏れ日に泳ぐ魚」 ★★★☆☆

恩田陸にしか書けない、たった一幕の会話劇。千明と千浩。まだ若い男と女の心理ドラマである。 夜のアパートで幕が開 …

坂木司「ホテルジューシー」 ★★★☆☆

「引きこもり探偵シリーズ」で多少有名な、坂木司の連作短編集である。歯医者さんを舞台にした連作短編集「シンデレラ …

米澤穂信「遠まわりする雛」 ★★★☆☆

最近急にメジャーになった、米澤穂信の原点「古典部シリーズ」の短編集である。このシリーズは、デビュー作「氷菓」、 …

海堂尊「ジーンワルツ」 ★★★★☆

人気作家・海堂尊の9作目の作品。初期の作品に比べて、次第にミステリー小説としての謎解きより、日本の医療問題の告 …

加藤実秋「インディゴの夜」 ★★★☆☆

創元推理短編賞を受賞した、加藤実秋のデビュー作。ホストクラブが舞台のライトミステリーなのだ。今年1月には、昼の …

米澤穂信「インシテミル」 ★★☆☆☆

若手ミステリー作家・米澤穂信の九番目の作品である。 ある人文科学系の実験の被験者になれば、1週間・時給112, …

石田衣良「夜を守る」 ★★★☆☆

大人気・池袋ウエストゲートパーク・シリーズ(IWGP)で、流行作家になった石田衣良のライトミステリィである。 …

近藤史恵「サクリファイス」 ★★★★★

素晴らしい小説だ。爽やかで面白く、ミステリアスで感動的でさえある。2008年本屋大賞2位、大藪春彦賞受賞のスポ …

湊かなえ「告白」 ★★★★☆

2009年本屋大賞受賞の話題作が、早くも文庫になった。これは読まねばならぬということで、早速読んでみたのだった …

道尾秀介「シャドウ」 ★★★☆☆

今、注目されている道尾秀介の本格ミステリ大賞受賞品。 母を癌で亡くした小学生の鳳介は、父と二人暮らしを始めた。 …

1 2 3 5 »

面白い本を探している本好きの人にお薦めします

Amazonから紙の本でも発売中

ミステリィやエンターテイメント、恋愛小説に文芸小説など、確実に面白い本100冊を紹介するブックレビューです

検索

Amazonで「ディープラーニング入門書」を発売中

Amazonで「機械学習」の本を発売中

PAGETOP
Copyright © TickTack World All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.