AIテクノロジーの世界

人工知能講座17

  • HOME »
  • 人工知能講座17

ティータイム

天馬「長くなったから、ちょいとここで休憩しよう。ティータイムだ。お茶を飲んでくるので、少し待っててくれ」
天馬はそれだけ言うと、さっさと会議室から出て行ってしまった。
猿田くん「あれ、なんか急いでいるね。じゃ、ボクもトイレ」
愛さん「ねえ、伴くん。さっきの天馬先生との意味深なやり取りは何?」
伴くん「なんのことかな?」
愛さん「とぼけないで。マリリンさんが研究室で窓を開けたでしょ。あの時のことよ」
伴くん「ああ、あれか。マリリンが窓を開けた時、まるで窓からの風がここまで流れてくるように感じたので少し驚いたんだよ」
愛さん「ほんとかしら。マリリンさんのブロンドヘアが確かに揺れていたけど」
伴くん「マリリンさんに聞いてみたら?」
愛さん「あらそうね。マリリンさん、聞こえる?」

愛さんは、そのままになっている天馬の講義用パソコンに向かって話しかけた。するとスクリーンは、講義のスライドからマリリンに切り替わった。
マリリン「ハイ、なんでしょうか?」
愛さん「マリリンさんは、天馬先生の研究室でどんなことをしているの?」
マリリン「私は天馬先生の助手です。日本語の勉強をしながら、講義の準備が主な仕事です」
愛さん「ええ、そのようですね。研究のお手伝いはしていないのかしら?」
マリリン「しています。私の教育そのものが研究対象なので、お手伝いをしています」
愛さん「え?どういうこと?」

そこに、天馬が慌てて会議室へ入ってきた。
天馬「ちょっと待った。愛さん、なにをしているんだね」
愛さん「マリリンさんに質問していただけですよ」
天馬「マリリンはまだ日本語の勉強中だから、あまり難しいことは聞かないでくれ。ではさっそく次にいくから、マリリンは資料を準備しておいてくれ。今から僕がスライド操作をすることにするから、この講義からはログアウトして自分の仕事に戻っていいよ」
そこに遅れて猿田くんが部屋に入ってきた。
猿田くん「ひどいなあ先生。ボクを待ってくれないんですか」

次は、【人工知能講座18:眼が進化すると脳も進化する】

< < < < 目次 > > >

MdN社「未来IT図解 これからのAIビジネス」を全国の書店で発売中

日本ディープラーニング協会推薦 創元社「やさしく知りたい先端科学シリーズ」

Amazonで「ディープラーニング入門書」を発売中

Amazonで「機械学習の入門書」を発売中

おしゃべりな人工知能講座

おしゃべりな人工知能講座

メッセンジャーで遊べる無料のチャットボット

面白い本を探している本好きの人にお薦めします

Amazonから紙の本でも発売中

ミステリィやエンターテイメント、恋愛小説に文芸小説など、確実に面白い本100冊を紹介するブックレビューです

PAGETOP
Copyright © TickTack World All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.